和歌山から発信する街づくり・家づくり情報サイト

サイモン建築設計室 > 住宅 | 南斗の家

和歌山県御坊市にある設計事務所_ワークス

南斗の家1

南斗の家2

南斗の家3

南斗の家4

南斗の家5

南斗の家6

南斗の家7

南斗の家8

南斗の家9

南斗の家10

南斗の家11

南斗の家12

南斗の家13

南斗の家14

南斗の家15

南斗の家16

南斗の家17

南斗の家18

南斗の家

CONCEPT

夏の南東の空に美しく輝く6つの星、それが南斗六星。いて座の一部を構成する星です。

古くから「生」を象徴する星と伝えられていますが、まさに南紀白浜のこの地に「生」が根付くコトを
かなえさせる家、これが最大のコンセプトです。

計画開始から直面した難題が、変形地の攻略。接道幅がわずか3mで必然的に駐車スペースが限定。し
かも段差つき。いかに効率を上げながら形を整え、洗練されたデザインとするか。無論、その中で風を
誘い、光を誘い、緑を誘う。これらの結びつきが豊かな空間を創造します。

また、今回のプロジェクトは私たちが発信する[Jの家 Q ]をベースとしながらも、その枠
を超えた発想で計画しました。いわば新境地の開拓です。

ゆったり上りつづける屋根が建物を敷地内外いずれから見ても大きく感じさせます。遠近法による効果
です。外壁は白を基調にしつつ、ビビッドなオレンジと対象的な石のアースカラーが臨場感を湧き立て
ます。全てが狙い通りで、ストリート沿いの一つの風景になりました。

玄関はオープンホールとし、らせん階段が存在感を誰よりも主張しています。もはや階段ではなく風景
として。リビングは段差を利用し、はっきりとしたエリア分けを行いました。それぞれがうまく干渉し
あってベストな空間を創出しています。

2階寝室はそこに存在する立体をポジティブに活用し、実面積以上の広がり感を演出しました。

今回の住宅の最大の特徴はその色使い。とにかく斬新の一語。全ての部屋に共通したキーワード。キッチンの色・収納の色・壁の色等々、わくわくするような色使いです。

尚、今回もDAIKOとSAIMONのコラボでライティング計画を推し進めました。

センスあるオシャレな暮らし方を存分に楽しもうとする心意気が伝わる家です。また元気さ満点の子供
たちが、飛びまわれる、走り回れる家にもなっています。

笑い声のたえない家族の暮らしがずっと続くことを願っています。

コメント

  • 多彩な色を斬新な価値観で楽しむ。彩り豊かに暮らすことは豊かな感受性を育てる大事なファクターになりえると確信しています。意欲的な空間処理で快適さを手に入れました。私たちは今回も新しい感動をデザインしています。

基本データ

  • 建 設 地:和歌山県西牟婁郡白浜町
  • 構造・規模:木造(在来工法)・2階建
  • 1階床面積: 77.44㎡
  • 2階床面積: 53.15㎡
  • 延べ床面積:130.59㎡
  • 建築工事費:2,720万円 (68万円/坪)
  • ※外構工事・地盤補強工事を含む。但し空調工事は含まない。